Takahiro Izutani

Biography

Takahiro Izutani

90年代後半からギタリストとしてインストロックバンド
Happy Familyで活動し、
98年にアメリカCuneiform Recordsからアルバムをリリース。


その後コンポーザー、アレンジャー、リミキサーとして数多くの国内メジ ャーアーティストの制作を手がける様になる。


またエレクトロニカ、ブレイクビーツ系のユニットDugoとしても活動し、2006年にトラック「Dublin」がアメリカCBS Bruckheimer Films制作のドラマ「C.S.I.:Miami Season 3」 の劇中音楽として採用される。

以降、ゲーム音楽を中心にメディアコンテンツ関連の音楽も多数手がけている。

Takahiro Izutani had been playing guitar in an instrumental rock band "Happy Family" since the late 90's. In 1998, Happy Family released an album from the record label in the United States Cuneiform Records.  Since then, he has worked on a number of domestic productions for major artists as composer, arranger, and remixer. 
Also formed an electronic/break beat band "Dugo" whose track "Dublin" was used in the TV series in the US "CSI : Miami Season 3" (CBS Bruckheimer Films) in 2006. 
And up to now, has become engaged in many different music productions of media content mainly in video game music.