Takahiro Izutani

Biography

prof-izutani.jpg

イズタニタカヒロ (作曲家、ギタリスト)


90年代後半からインストゥルメンタルロックバンドHappy Familyでギターを担当する。1998年、Happy Familyは米国Cuneiform Recordsよりアルバムをリリース。その後、作曲家、編曲家、リミキサーとして日本の音楽業界で数多くの作品に携わる様になった。またエレクトロニックミュージックのソロプロジェクトDugoの活動を開始し2006年には楽曲「Dublin」が米TVシリーズ「CSI : Miami Season 3」で使用される。その後、現在に至るまで様々なビデオゲームの音楽制作に携わっている。(メタルギアソリッドシリーズ、ベヨネッタシリーズ、エースコンバット アサルト・ホライゾンなど。) 


ゲーム音楽の作曲家として活動しながらアーティストとしての活動を再開する。1998年以来となるHappy Familyの活動を立ち上げ、2014年に3rdアルバム『Minimal Gods』を再びCuneiform Recordsからリリース。2015年Happy Familyはフランスで開催されたRock In Oppositionフェスティバルから招待を受け参加し、同時にヨーロッパツアーを敢行。そして2017年にはDugoのファースト・アルバム「Lingua Franca」をBrave Wave Productionsからリリース。今作はイタリアの古楽器演奏グループやカナダのヴァイオリニストとのコラボレーションを経て完成された。

2019年にはオーストラリアのメルボルンで開催されたゲーム音楽のカンファレンス「High Score」に作曲家として招かれ基調講演を行う。

2020年4月にCOVID-19に感染し回復したが、残された人生で自分にとって最も重要な音楽活動に注力すべくDugoを再始動させた。そして同年EP「Recluse」をリリース。現在Dugoはコンスタントにリリースを続けている。


Music Interview: Dugo (Takahiro Izutani)
HuffPost.com 

Bayonetta composer Takahiro Izutani tells us how the game music industry has evolved
levelandgain.com

(インタビューの日本語訳を掲載したブログ記事のリンクはこちら)

Takahiro Izutani is a Tokyo-based composer, sound producer, and guitarist, working mainly for video games. He had been playing guitar in an instrumental rock band "Happy Family" since the late 90's. In 1998, Happy Family released an album from Cuneiform Records in the US. Since then, he has worked on a number of productions in Japanese music industry as a composer, arranger, and remixer. 

Also formed an electronic/break beat band "Dugo" whose track "Dublin" was used in the TV series in the US "CSI : Miami Season 3" in 2006. And up to now, he has become engaged in many different music productions of video game. (Metal Gear Solid series, BAYONETTA series, Ace Combat: Assault Horizon, etc.) 

Although he has successfully worked as a video game composer, he has devoted his resources to working as an artist again. He started Happy Family again after 1998, then released the third album "Minimal Gods" in 2014. 

In 2015, Happy Family was invited to the Rock In Opposition festival in France and toured in Europe as well. Then finally he released Dugo's first album 'Lingua Franca in 2017, where he collaborated with Italian classical musicians and a Canadian violinist.

In 2019, he was invited to give a keynote speech at High Score, a video game music conference in Melbourne, Australia. 

After being infected with COVID-19 in April, 2020 and surviving, He has restarted Dugo, becoming to focus on what matters most in his remaining life. Finally, the EP 'Recluse' was released. Dugo has been releasing constantly.